ウチの子、親から見ても勉強頑張ってるのに…でも、なかなか成績が伸びなくて…

そんなお母さんに届ける応援シリーズ第3弾(第4,5…と続くかも)

今回のテーマは【出し切る】です。

 

昔あるところに二人の若者が住んでいました。

ひとりは筋骨たくましいA君、

 

 

 

 

 

ひとりはひ弱なB君。

 

 

 

 

 

A君はその体躯で1日当たり100㎡の畑を耕すことができるにも関わらず

「今日は90㎡でいいや~、今日は雨降ってるから家の周りちょっとでいいや~」と。

筋力の劣るB君は1日当たり30㎡の畑を耕すことしかできません。

それでも毎日毎日、30㎡の畑を耕し続けました。

A君は自身の能力以下のことしかしないので次第に筋力は衰え、

B君はちょっとずつ負荷をかけ続けることで筋力が増し、1ヵ月後には33㎡、2ヵ月後は36㎡…と。

 

能力も水も「溜めている」だけでは腐ります。

使わないとね。

 

「4月になったら勉強頑張る!」

「中3になったら勉強頑張る!」

「部活を引退したら勉強頑張る!」

「夏休みになったら勉強頑張る!」

一生そう言ってろ、って感じです。

救いようもないバカですよね?

 

自分を変えることができるのは自分だけ。

勉強するしないも決めるのは自分だけ。

一生チンタラ過ごすか、やるぞ!と心に火を灯し行動するのも自分だけ。

 

なかなか成績が伸びなくて…と悩む前に、出し切ってますか?