飛燕ゼミ入塾基準

■高校部【通学高校の指定はありませんが本気で努力する人限定】
■中学部【定期テスト中1・2生は350点以上 中3生は380点以上】
※当塾は三条高校、巻高校受験専門塾です。
そのお気持ちのある【本気組】のみをお待ちしております。

お問い合わせ先|電話0256-92-8805
受付時間|10:00~17:00&21:50~22:30
※17:00~21:50は授業中によりご遠慮下さい。※日曜・祭日 休校
————————————————————————————————

中学生が自宅学習で、数学の勉強している1シーンです。

【大問】を試験問題などで、まとまった大きな問い、とする。

【小問】を試験問題などで、大きな問いの中の小さな問い、とする。

大問1に小問5問が含まれている、というイメージでお話します。

A派:小問ごとに解答・解説で確認しながら進める。

1問解いてすぐに解答を見る勉強スタイルです。

B派:大問ごとに解答・解説で確認しながら進める。

小問5問を解いてから5問分まとめて解答・解説で確認する勉強スタイルです。

あなたのお子さんはA派?B派?

私が生徒や保護者より相談を受けたとしたら

「B派」をオススメすると思います。

 

根拠|心理学用語に「流暢性(りゅうちょうせい)」という言葉があります。

1問解いてすぐに解答を見る勉強スタイルのAさん、

解答を見て理解できた!

→ 完全に頭に入ったものと錯覚

→ それ以上学ばなくても大丈夫いう バイアスがかかる

→ 「自分は初めから理解できていた」と錯覚

→ 実力がつかない

勉強に時間をかけて一生懸命に頑張っているけど、成果が乏しい…というお子さんに多いケースです。

中学生にとって直近の壁として、筆答検査Aがあり、その数学の問題は初めて見る問題です。

「公式に当てはめて解く」というような勉強方法では解けないと思います。

日頃から「手を動かす=何通りでも書く努力を惜しまない」勉強方法が入試当日、

あなたを合格へと導いてくれるはずです。

いっぱい手を動かす勉強のスタイルを確立できると「強み」になります。

解答・解説に過度に頼らず、

「流暢性の罠」からの脱却に挑戦しましょう!