飛燕ゼミ入塾基準

■高校部【通学高校の指定はありませんが本気で努力する人限定】
※高3生は満席御礼
■中学部【定期テスト中1・2生は350点以上 中3生は380点以上】
※中3生は満席御礼

※当塾は三条高校、巻高校受験専門塾です。
そのお気持ちのある【本気組】のみをお待ちしております。

お問い合わせ先|電話0256-92-8805
受付時間|10:00~17:00&21:40~22:30
※17:00~21:40は授業中によりご遠慮下さい。

※日曜・祭日 休校
————————————————————————————————————————–

三条高校オープンスクールにお邪魔してきました。

校長先生のお話より引用。

「本校では制服はあるが、自由の象徴として制服着用を強制してはいません。

自由がある⇔責任を持つ

三条高校生としての自覚と誇りを持っているから。」

くぅ~カッコイイ~!!

このような校風も受験生に支持されている理由の一つでしょうね。

近年、地域のTOP高校の生徒構成は
男子生徒<女子生徒 という傾向があります。

肌感覚として、

男の子は、志望校決定は早いが、模試の結果が芳しくないと志望校変更する場合もあります。

一方、

女の子は、志望校決定までにあれこれ悩みますが、一度「三条高校に行く」と決めたら
模試の結果がどうであれ突っ切る場合が多い気がします。

女性はしなやかで逞しさの表れでしょうか。

このようなことも、男子生徒<女子生徒 に影響している!?

 

三高オープンスクールに参加した塾生の声

「校舎がきれい。通学しやすい。英語の授業が難しそう…
先生と生徒が英語で会話して授業している…」

「制服の自由はいいなぁ。理科の授業を見学したけど、先生⇔生徒の反応が速くてびっくり!」

「校舎の構造が開放的で面白い。図書室がきれいで勉強するには快適な場所に感じた。
国語の授業を見学したけど、板書が少なく生徒各自がノートにまとめていた…、自発的に勉強しないと厳しそうに感じた」

などなど。

 

参加したどの子も「三条高校いいわ~♪」とスイッチが入った良い表情でした。